SNEAKERS CAFFE TOKYO

ナイキやアディダスなどの最新スニーカー情報を随時発信

【国内4月25日発売】NIKE AIR MAX TAILWIND 4 OG ナイキ エア マックス テイルウインド 4 OG White/Volt-Aloe Verde-White AQ2567-100

NIKE AIR MAX TAILWIND 4(エアマックス テイルウインド 4)の誕生20周年を記念して、オリジナルカラーのVOLTをキーカラーとしたOGが日本国内では2019年4月25日よりSNKRS及びナイキ取扱店にて発売開始となります。

youtu.be

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423095944p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423095957p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423100010p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423100022p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423100034p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423100046p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423100102p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423100118p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423100137p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423100157p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190423100212p:plain

1978年ナイキは最初のAIRを内蔵したAIR TAILWIND(エア テイルウインド)を発売。その10年後、AIR MAX 1のエアユニットを可視化した初のビジブルエアを搭載します。

1992年にはテイルウインドの後継として、ヒールにビジブルエアを搭載したAIR TAILWIND 92をリリース。

1999年には、AIR TAILWINDとAIR MAX PLUSのハイブリッドとしてAIR MAX TAILWIND 4(エア マックス テイルウインド 4)が誕生しました。

 

2019年3月にはAIR MAX TAILWIND 4の誕生から20周年の節目として、SUPREME(シュプリーム)がコラボモデルをリリース。ボリューム感あるレトロなシルエットが再フォーカスされました。

 

本作 NIKE AIR MAX TAILWIND 4 OGは、オリジナル仕様の20周年復刻版として、通気性に優れたホワイトのメッシュとシンセティックレザーのコンビネーションのアッパーにブラックのモールがクラシカルなシルエットをシャープに引き締めます。

サイドパネルにはTPU溶接と特徴的なネオンカラーのグラデーションのパイピングがシューレースループと一体化し、AIR MAX PLUSと同様の構造でサポート性を強化すると共に、地面から光が立ち上がるようなレトロハイテクなデザインをもり立てます。

軽量化を図るためにソールの中足部を切り取りエアユニットを前後で分割。ヒールのエアユニットはデュアルプレッシャー エアを採用。当時最高クラスのクッショニングを提供。

 

90年代らしいハイテク感とボリューム感あるシルエットは、知る人ぞ知る「隠れた名作」として、今回のOGの復刻は現代のスニーカーシーンの中で新たなオーラを放つ存在として再び脚光を浴びることになるのか注目です。

 

日本国内では2019年4月25日よりSNKRS及びナイキ取扱店にて発売開始。価格は17,280円税込。

 

商品名:NIKE AIR MAX TAILWIND 4 OG White/Volt-Aloe Verde-White

スタイルコード:AQ2567-100

価格:¥17,280 税込

発売日:2019年4月25日 SNKRS  ナイキ取扱店