SNEAKERS CAFFE TOKYO

SNEAKERS CAFFE TOKYO スニーカーズカフェ 東京ではNIKE JORDAN YEEZYなどの最新スニーカー、ヴィンテージ、復刻版、コラボなど情報をアーカイブしています

【国内3月10日先行発売】アトモス × ナイキ エアマックス スクエア ライト ATMOS × NIKE AIR MAX2 LIGHT BV7406-001

2019年生誕25周年を迎えるNIKE AIR MAX2 LIGHT(エアマックス スクエア ライト)のatmos(アトモス)オリジナルのクレージーパターンが、国内では2019年3月10日 atmoscon(アトモスコン )にて500足限定で先行発売されます。

youtu.be

f:id:sneakerscaffetokyo:20190308064716p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190308064736j:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190308064754j:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190308064809j:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190308064823j:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190308064838j:plain

1987年に誕生した AIR MAX(エアマックス)の2代目として軽量化に取り組んだ AIR MAX LIGHT(エアマックス ライト) が登場。その流れを汲み1994年にはAIR MAX 95(エアマックス 95)に代表されるチェンバー(エア室)ごとに異なる気圧を詰めたマルチチャンバーエアーを初めて搭載した AIR MAX2(エアマックス スクエア)がデビュー。AIR MAX2 LIGHT(エアマックス スクエア ライト)は、更にランニングに特化した軽量化を実現した LIGHT(ライト)へと進化を果たします。

 

アッパーのブロッキングは稲妻を連想させるシャープなカッティングで、人間工学に基づいた立体成型3次元の曲線美を生む。

ヒールには AIR MAXシリーズ初となる3点のリフレクターを装着。

ミッドソールは 全足部と後足部の間を大きくり抜き、LIGHT を象徴する軽量化を実現しました。

 

本作は日本のスニーカー界を牽引するatmos(アトモス)のディレクター 小島奉文氏がインスタグラムで公表した新たなコラボレーション作品で、1990年代のNIKE(ナイキ)のカタログに掲載されたアパレルデザインからインスパイアを受け、躍動的な時代感を反映させた元気でPOPなデザインとなっています。

アッパーには蛍光色のグラフィックを、パッチワーク風、クレイジーパターンで配置。

補強パーツのブロッキングはクリアにすることで、アッパーのクレイジーパターンを引き立てます。


米国で開催されたCOMPLEXCONにて展示。国内では2019年3月10日開催の atmoscon V0l.6 2019(アトモスコン Vol.6 )で500足限定の先行発売を予定。

価格は21,600円 税込。

グローバルローンチは 3月後半の AIR MAX DAY に向けての発売が濃厚と見られています。

 

商品名:NIKE AIR MAX2 LIGHT ATMOS

スタイルコード:BV7406-001

価格:¥21,600 税込

発売日:2019年3月10日 atmoscon V0l.6 2019 500足限定先行発売