SNEAKERS CAFFE TOKYO

ナイキやアディダスなどの最新スニーカー情報を随時発信

【国内3月1日発売】ナイキ ムーン レーサー マウンテン ブルー QS NIKE MOON RACER QS MOUNTAIN BLUE BV7779-400

2018年に初めて登場したNIKEの最新テクノロジーとクラシカルなシルエットが融合した NIKE MOON RACER QS(ナイキ ムーン レーサー)に、アッパー素材を刷新した新作が日本国内では3月2日にSNKRSにて発売開始となります。

f:id:sneakerscaffetokyo:20190227191510p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190227191527p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190227191541p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190227191556p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190227191615p:plain

f:id:sneakerscaffetokyo:20190227191629p:plain

NIKEが黎明期にあった1972年、共同創設者の BILL BOWERMAN(ビル バウワーマン)は朝食のワッフルメーカー(ワッフルを焼く機械)に着想したランニングシューズのソールの製造方法を考案。

アポロ11号の月面着陸から間もない当時、月面に残された足跡に似ていたことから、完成したソールを用いた NIKE 初のワッフルソールを装着したランニングシューズは MOON SHOE(ムーン シュー)と命名されたのです。 

 

本作 NIKE MOON RACER QS (ナイキ ムーン レーサー )は、高速マラソンシューズ ZOOM VAPORFLY 4% のテクノロジーを受け継いだ厚底ソール、REACT(リアクト)フォームを搭載。ライフスタイルシューズにも、マラソンシューズで実証済みの弾むような反発性とソフトなクッション性を実装しました。

2018年に初めて登場した MOON RACER QS のアッパーはヴィンージの名作 NIKE LDV をサンプリングしたオールドテイストあふれるキャンパス地だったものを、今回のMOUNTAIN BLUE では、荒い目のメッシュ地に刷新。クラシカルテイスト溢れるカラーと共に、新旧のスニーカー史をたどるヒストリカルな1足に仕上がったといえます。


日本国内では2019年3月1日よりナイキ取扱店及びSNKRSにて発売開始。

価格は16,200円 (税込)。

 

商品名:NIKE MOON RACER QS MOUNTAIN BLUE

スタイルコード:BV7779-400

価格:¥16,200 税込

発売日:2019年3月1日 国内SNKRS、ナイキ取扱店など